「スカーレット」第5週に出てきた「あきこ」「あきこの父」の関西弁と性格は?

NHK朝ドラ「スカーレット」も5週目に入っている。今週は荒木荘に住む医大生の酒田圭介さんの恋のお話が浮上!
何だかホンワリとしてきた。
喜美子も18歳なので、そろそろ恋愛!の話も出てきても良さそうだけれど、酒田圭介さんが一目惚れした相手との「仲を取り持つ役目」になっています。

今週出てきた俳優さんは

酒田圭介さんの恋のお相手「あきこ」さん

あきこのお父さんで「強面(こわおもて)」の泉田庄一郎さん

の二人です。

この二人の関西弁はネイティブなのか?

どんな役柄なのか?をみてみます。

あきこさん役の女優さんは誰?

あきこさん役の女優さんは

「佐津川愛美(さつかわあいみ)さん」

です。

1988年8月20日生まれで、ヒロインの戸田恵梨香さんとは同い年です。

身長152cmで小柄な可愛らしい女優さん!

出身地は静岡県なので、今回は数少ない「関西ネイティブではない役者さん」の一人ですね。

すぐに

この人は関西ネイティブではない!

とは、わかりましたが、第26回まではセリフがあまり長くないので、目立ってせんでした。

でも、第27回は結構長台詞。
所々のイントネーションは「やっぱり違うぞ!」と言う感じですが、何よりも『声』が大阪弁を話す『声』ではない。

喜美子のロートーンボイスとは違う、高〜い「甘えた声」(アマエタと言うのは甘えん坊のこと)なので、余計に耳障りなのかもしれない。

「この女優さん、どこかで見たぞ!」と思ったら、

最近では2019年の夏ドラマで「サイン-法医学者 柚木貴志の事件−」にも薬毒物検査責任者役で出ていましたね。

「プリティが多すぎる」ではヒロインの相手役で出演されていましたね。

あきこさんはどんな人?

「スカーレット」のあきこさんは、関西弁のアクセントだけでなく、セリフやキャラクターの想定自体が、ちょっと「イラッ」とする感じです。

酒田圭介が医大生だとわかると、押しかけてくるところ。とか、

「おはぎ食べますか?」に対して「あんこが嫌いなんです」

「お茶入れましょうか?」に対して「コーヒーがいいです」

「なんか食べにいきましょうか?」に対して「ハンバーグがいいです!」

と、思ったことをズケズケ言う!

初対面なのに、デートに誘う!

夜遅くまで、医大生を引き止める!

「あかん、あかん、圭介!こんなんに引っ掛かったらあかん!」と言いたくなった人も多いのでは?

それを代弁するかのように喜美子が本音を吐き出して「ホッ」としましたよね。

あきこの父親役は誰?


あきこさんの父親役で犬を連れた「強面の男の人」の役を演じているのは、

芦屋雁三郎さん(旧芸名:塩の屋きくおさん)

です。この人は芦屋雁之助さんの三男で、大阪出身の俳優さんです。

この人のセリフは完璧な大阪弁ですね!

風貌から行って、歌舞伎の役者さんのような雰囲気ですね。

聞いていて違和感はないものの、

「娘に言い寄るならしかるべき人を通して!」と言っていたのに、

酒田圭介が「医大生」とわかると、ころっと態度が変わる!

浪花の商人ですなぁ!!

「スカーレット」ではそれほど多く出てくる事はなさそうですが、存在感のある役者さんなので、これから色々なところでお見かけするかもしれませんね。

あきこと圭介はどうなるの?

あきこが喜美子に嫉妬して、荒木荘を出ることになってしまった・・・

決めてすぐ出ていくなんて、展開は早いし、この先また圭介に会えるのだろうか?

喜美子の圭介に対する恋心はこれで終わるの?また、私は会ってもらいたいし、また圭介の爽やかな顔をみたいです!

 

ところで・・・

「スカーレット」では、話の展開が木曜日で切り替わっているように思いますが、違いますか?

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です