渋谷で穴場のカジュアルレストラン「サントラントヌフ」

こんにちは。食べることが大好き!旅行でも食べ物中心で決めるMasamiです。

今回は東京都渋谷の「サントラントヌフ」について紹介します。

たまたま渋谷で見つけた洋風のお店「サントラントヌフ」

渋谷でランチの場所を何人かでぶらぶら探していたら、たまたま1000円ぐらいで食べれるので入ってみました。外観は洋風で、派手ではないですが落ち着くカフェでした。入りやすかったです。

「サントラントヌフ」はここにあります!

東京都 渋谷区 宇田川町 11-2

JR渋谷駅から徒歩10分、東急ハンズの方に歩いて行って、坂が右手にあるので少し登り、途中の左に曲がる坂があるので、そこをさらに登るとすぐにあります。少しわかりづらいですが、飲食店がたくさん並んでいるところになります。駅からは程よく近いです。正面にはダーク色木製のドアがあり、洋風のパリっぽい感じです。2階までレストランです。入りやすい感じではあります。ランチとディナーの境はなくお昼もずっと営業していますが。ディナーの始まりは17時ごろになると思います。ランチプレートは14時ごろまで営業していていつも人はいますが静かな感じてす。

「サントラントヌフ」のおすすめのメニュー!

ランチが1000円前後で、5品ぐらいから選べました。鶏もものコンフィとパスタ、あと豚肉の豚ロースのグリルハニーマスタードソースキッシュなどあります。コンフィが一番美味しいです。キッシュもいつも美味しいです。自家製のパンも小さいですがつけてくれます。サラダが別につきますが、ワンプレートにサラダ、肉などあります。添えてあるソースも普通のランチの店とは味が違って本格的な感じがしていて美味しいです。味付けは濃くなく、それも食べやすいです。雰囲気は田舎のパリのおしゃれなカフェご飯という感じです。肩肘ははりませんが、お料理はこぎれいで見た目も良く、味付けも量も素朴で美味しくてとても良いです。また来たいなと思います。

パリのカフェのような「サントラントヌフ」

店の中は木調でパリっぽいカフェのような感じですが、落ち着きがあります。おしゃれで女性が入りやすいです。2階もあり、そちらはソファなどがありさらに落ち着いてゆっくりできる雰囲気があります。程よく明るすぎない店内なので、全体的には素朴でナチュラルな雰囲気になっています。夜も行きましたが、ムーディになりすぎず、カジュアルになりすぎず落ち着きがあり親しみがある感じは同じでそこも良かったです。ワイワイうるさい客層でないので、ゆっくりお茶したり、ご飯食べたり、年齢層は若くてもお客さんの過ごし方が似ている気がしました。

何度も通いたくなるお店「サントラントヌフ」

ランチの質がいつも変わらず良いので、何度言っても落ち着くし、飽きないです。何度も行っていますし安定している美味しさ、雰囲気です。パンが美味しいので、ランチの時にはもう少し大きくカットして欲しいなと思います。小鳥の餌程度の量なので少し小さく感じます。お腹いっぱいになりますが、胸焼けするような感じもしないのが良いです。味が塩や胡椒が少なめの味付けも良いなと思いました。駅からとても近いわけでもないですが、10分で着くので、友達にも最近紹介しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。