「鯛の鯛」の和食は胃もたれなし!何を食べてもハズレなし!

こんにちは。食べることが大好き!旅行でも食べ物中心で決めるMasamiです。

今回は滋賀県大津市の「鯛の鯛」について紹介します。

「鯛の鯛」は何を頼んでも美味しい

このお店のご主人はご出身地の福岡、京都の料亭で何年もの間、修行をされて独立されたそうで、やはり味も抜群に美味しくてメニュー展開も幅広い、何を頼んでも美味しいし見た目も美しいとの情報を聞いて行ってみました。

「鯛の鯛」はここにあります!

滋賀県大津市7−15

JR琵琶湖線の石山駅から徒歩3分。瀬田川方面にまっすぐ下っていくと十字路があり、左手の角にお店があります。お店の看板には古風で可愛らしい鯛の絵が描かれていて駅からもとても近いのでとても分かりやすいです。ディナーの時間帯のみの営業なので、夕方17時から24時の営業となってます。お店の中はカウンター席も充実していて一人でもとても行きやすい雰囲気です。もちろんテーブル席もあるのでご家族連れ、友人ともゆっくりできます。値段も高くなく、どちらかといえばお手頃価格なのかなと思います。1人当たり3500円から4000円といったところが相場でしょうか。

「鯛の鯛」のおすすめのメニュー!

お料理一品のお値段は、すぐに出せるちょっとしたものだと300円〜あとは600円〜1000円程度の幅でしょうか。ここのお店の良いところは、人数に寄って一品の量を調節してくれるところです。元々どれもこれも結構なボリュームがあるので、1人で行った際なんかは、ハーフサイズで金額も半分にしましょうか?など、ご主人が声をかけて下さいます。とても気が利くご主人なのでこちらのワガママも割と聞いてもらえます。私のいちおしは、鯛のアラ煮です。そしてこれを食べながら鯛の鯛の骨を探すのが毎回の恒例です。

「鯛の鯛」は家族連れが多いお店

天井が高くて広すぎずにとても落ち着く感じです。団体さんの人数に合わせてテーブルを移動してその都度テーブルの配置を変えられてます。カウンター席も6名ぐらいは座れます。どちらかというと若い人が行くというよりは30代以降の方や、家族連れが多いように思います。最近落ち着いた店が少ないので、落ち着いた雰囲気のところで美味しいものを食べたい方にオススメです。店内もとても明るい感じで活気もあり、スタッフの方も皆さん愛想がよいです。

「鯛の鯛」は混んでいても美味しい料理の出るのが早い!

意外と和食で行きやすいお店というのが少ないのですが、1人でも行きやすいお店です。お料理も飲み物も美味しくてご主人の話も面白いのでどんな方も一度行くとハマります。私もその1人です。こちらの要望も聞いてくれるので、本当に毎回助かります。人気店なので早めの予約が一番いいと思います。特に団体さんの場合かなり早めの予約をオススメします。ご主人の腕も最高な上に混んでいても料理が出るのがとても早いというのも流行るポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。