生のおからとおからパウダーの違いは?カロリーや糖質についても調べました!

「おからパウダー」と「生のおから」は何が違うのか?カロリーや糖質ダイエットする人にとって重要です。使い勝手の良さや、価格なども気になります。「生のおから」から「おからパウダー」は作れるのか?使う時の注意点なども含めて調べました!

生のおからとおからパウダーはどう違う?

「生のおから」と「おからパウダー」の違いは何でしょうか?

生おから

「生のおから」は、豆腐を作る際に、豆乳を絞った時の搾りカスです。

水に浸してやわらかくなった大豆をペースト状にすりつぶし、布でこしながら豆乳を作る時に出るカスのこと。豆乳は豆腐を作る材料ですから、豆腐を作るためには必ず出る「カス」。

「おから」は大豆に含まれる食物繊維がたっぷりで、栄養も豊富です。

豆腐を作る際の副産物なのですが、日持ちがしないのが難点で、とても安く売られています。

使い道が少ないので、以前は産業廃棄物扱いをされていたそうです。

おからパウダー

「おからパウダー」は、おからを乾燥させてパウダー状にしたもの。

加熱処理後に水分を飛ばしているだけですから、栄養面では「おからパウダー」は「生おから」と変わりません!

同じ重さで栄養を比較すると、栄養も、カロリーも「おからパウダー」の方が「生のおから」より3倍以上多いのです。

生おからとおからパウダーの2種類を比較すると水分量だけの違いです。

カロリーや糖質、脂質などは違う?

気になるカロリー面はどうなのでしょうか??
生おからとおからからパウダーの成分を表にまとめてみました!※100gで比較

単位 おから/生 おから/乾燥
重量 g 100 100
エネルギー kcal 111 421
水分 g 75.5 7.1
たんぱく質 g 6.1 23.1
脂質 g 3.6 13.6
炭水化物 g 13.8 52.3
食物繊維* g 11.5 52.1
糖質 g 2.3g 0.2g

日本食品標準成分表2015年版(七訂)追補2018年より
食物繊維は簡単!栄養andカロリー計算とパッケージの成分表により
糖質量は「炭水化物-食物繊維」で計算しました。

同じ100gで比較すると、おからパウダーの方が栄養価が高いように思えます。しかし、これは水分を飛ばして量が少なくなっているだけで、
水に戻せば栄養価はさほど変わらないですね。

カロリーに関しては、生おからをパウダーにしてしまうと、市販の唐揚げ粉と同等レベルのカロリーにしてしまうほど高カロリーになります。

水分を含むとカサも増します。「おからパウダー」は、摂取量には注意してください。

生のおからを使ったレシピ!

安く手に入る生のおからですが、日持ちがしないのと、独特な匂いが気になります。
生のおからは、電子レンジでチンすると、水分が抜けて味が染み込みやすくなります。
生のおからの使い道としては、次に紹介するようなおからボールやおからマッシュなどを作り置きするのがいいでしょう。

生のおからからおからパウダーは作れる?

生のおからが余ったら、フライパンでゆっくりと水分を飛ばしながらから炒りすると、おからパウダーはできます。おからパウダーはできますが、市販品よりは水分が残りすいので、冷凍するなどして早めに使い切る方がいいです。
生のおからを余らせないためにも、生のおからで作れるおからボールや、おからマッシュなどでなるべく使い切ってください。

おからボール(NHKあさイチより)

材料(30個分)
おから 200g
豚ひき肉 200グラム
玉ねぎ 1個
卵 1個
酒 適量
塩 小さじ1/3
油 適量
電子レンジでチンした生のおからと上の材料を混ぜ合わせます。
3センチほどのボール状に丸め、表面を滑らかにし、フライパンで3分ほど焼いて表面に焼き色をつけたら、7分ほど蒸し焼きにします。
おからボールは、カレーに入れたりするのもいいです!

おからマッシュ(NHKあさイチより)

おから 200g
投入 2カップ
洋風スープのもと 小さじ1/3
塩 小さじ1/2
マヨネーズ 小さじ2
弱火で混ぜ合わせておく、
クラッカーにのせたり、
コロッケのタネにしたりする

冷凍保存できます。冷凍する時には、ファスナー付きの保存袋に入れて、筋目を入れて、割りやすく保存することがおすすめです。

おからマッシュは、ハンバーグなどに入れたり卵焼きに入れたり、使い道は色々あります。

「おからパウダー」は色々な料理に使える

おからパウダーは長持ちする食材で、チョイ足しすることで色々な用途につかえます。

パン粉の代用や、小麦粉の代用品として重宝しますよ!

おからパウダーの使い方はこちらの記事でもご紹介しています。

おからパウダーは使い方は簡単!お好み焼きやハンバーグに入れてカロリーダウン!

おからパウダーの使い方は簡単!そのままヨーグルトやコーヒーなど飲み物に入れて!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です