おからパウダーの使い方は簡単!そのままヨーグルトやコーヒーなど飲み物に入れて!

最近よく耳にするおからパウダー、糖質を含まず、たんぱく質を豊富に含みダイエットにもいいらしいけど、どんな風に使ったらいい?ザラザラするって聞くけど、どんな工夫が必要かを解説!

おからパウダーって何?
豆腐を作る時に大量に出るおから。おからは安価で入手可能なお手軽食材ですが、日持ちがしにくいのが難点でした。
おからパウダーとは、おからを粉末にして乾燥させたもののことです。
「高野豆腐を細かくしたもの」という感じ!おからは独特の匂いがありますが、おからパウダーは癖もなく、どんな料理の邪魔にもなりません。
おからパウダーは、低糖質かつ高タンパク。糖質制限が流行っている中、小麦粉の代わりに使用している人も多いでしょう。癖もないので一番シンプルな使い方としては、そのままヨーグルトやコーヒーに入れる方法。でも、少し手を加えるだけでグーンとレパートリーは広がります。
おからパウダーは低糖質で、腹持ちもいいのです。
おからパウダー の使い方!
おからパウダーには、粗めのパウダーと、目の細かいパウダーがあります。

私は粗めのパウダーと細かいパウダーを使い分けています。

細かいパウダーの使いかた!

コーヒーに入れる!
コーヒーにおからパウダーを加える時には、少し先にお湯で溶いてから加えるのがお薦めです。
細かいパウダーならザラザラ感は残りませんが、粗めのパウダーだとザラザラします。
小麦粉の代わりに!
魚の衣などにも使えます。衣がわりに使う時には、細かい方がいいです。

粗めのパウダー使い方

ヨーグルトにかけて食べる

ヨーグルトにおからパウダーを混ぜたものを食事前に食べると、ドカ食いを減らすことができるそうです。
クルミなどのナッツ類やアボカドを入れるのがおすすめです。

ヨーグルトだけでなく、何にふりかけても気になりませんが、ザラザラ感が気にならないような食材なら、粗めのパウダーがおすすめです。

スープやシチューに入れる
どろっとした食感のスープやシチューには粗めのパウダーがおすすめです。

グラタンの上に粉チーズの代わりに!
粉チーズの代わりに、少し塩分を加えたおからパウダーをふりかけて!

スムージーに入れて!
スムージーのカサ増しにもなります。水分を含むと膨らむので、満腹にもなりますね。バナナやマンゴー、アボカドなどねっとりしたものを入れる時には粗めのものでもいいです。

お味噌汁やスープなどに入れて!
お味噌汁やサラサラのスープも飲みごたえが出ます!

野菜のお浸しに加えて!
加えると、野菜との絡みがよくなります。練りゴマなどと一緒に加えるのもいいですね。

料理に加えて

お好み焼きに入れて!
お好み焼きの小麦粉の代わりに入れるといいですよ。多少ボゾボゾするので、山芋や卵を多めに入れて!

パンケーキに加えて!
パンケーキに小麦粉がわりにおからパウダーを入れるのもあり、小麦粉の代わりに少し入れるのもおすすめです。

ハンバーグのつなぎにする
パン粉などの代わりにハンバーグのつなぎとして、おからパウダーを入れるのもありです。

更に詳しいことは、おからパウダーは使い方は簡単!お好み焼きやハンバーグに入れてカロリーダウン!でもご紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。