東京中野の「ケバブカフェ エルトゥールル」柔らかお肉にたっぷりお野菜!

こんにちは。食べることが大好き!旅行でも食べ物中心で決めるMasamiです。

今回は東京、中野の「ケバブカフェ エルトゥールル」について紹介します。

店舗もあるケバブ屋さん「エルトゥールル」

一人で入れ、軽く食べられる所をネット検索していたのですが、ケバブ屋さんでスタンドではなく専門で店舗を構えているのが少し意外でした。お値段も手ごろでしたし、期待が持てそうだと思ってお店に入ることにしました。

「エルトゥールル」の場所はここです!

東京都中野区中野3-33-14 中野第1ビル 1F

東西線、JR中野駅南口から徒歩三分。南口から出て目の前に広がる大通りの右手側をまっすぐに進みます。マルイの前を通過して次の次のブロックに入ってすぐの場所にあります。小さいのですが、通り側はケバブの持ち帰りカウンターになっていてドネルケバブも見えるので、見つけるのに苦労は少ないでしょう。営業時間は11:00~23:00。日曜定休です。休憩なしなので、遅めのランチにも半端な時間の小腹を満たすのにもありがたいですね。

「エルトゥールル」のおすすめのメニューはこれ!

ケバブカフェの名前に恥じない、本当においしいケバブです。焼きすぎたり塩辛すぎたりすることもなく、ソフトでジューシーなお肉です。さらに、付け合わせが全て美味しいのです。どのメニューにも入ってくるであろうキャベツの千切りは、シャキシャキとみずみずしく、乾いたりしなびた様子などありませんし、トマトペーストやフムス(ひよこ豆のペースト)も好き嫌いの分かれない穏やかな味付けです。素材の味がしっかりしているので、ケバブと交互に食べると適度に口の中をリセットしてくれます。もちろんケバブと付け合わせを一緒に巻いたエルトゥールルラップのように、お肉やソースと一緒に食べると、口の中ですべてがとけあって味の組み合わせの妙が楽しめます。お値段は一番お安いケバブサンドで600円。ケバブにライスに付け合わせ(トマトペースト、フムス、キャベツにオリーブ)と全部乗せのケバブプレートが一番高く、900円です。

「エルトゥールル」は完全ハラルのお店

一見ケバブスタンドのようですが、すぐ左手にドアがあるので、レストランだとわかります。お店の前に持ち帰りカウンターがあり、店員さんがいるので、空き状況などもすぐにわかります。ただし、11席しかないので混雑時には席がなくなる可能性も。おひとりさまなら、カウンター席もあるので大丈夫でしょう。テーブル席は最大4名ほどなので、大人数で行くのには向きません。完全ハラルのお店で、店の奥には礼拝スペースもありますので、ムスリム(イスラム教信者)の方やムスリムの方をお連れするのには良いと思います。

「エルトゥールル」は店員さんも優しいし、お手頃価格のケバブ食べられます

お料理もお肉も美味しく、お手頃価格でお気に入りのお店です。ケバブはこんもり盛られているのに、お野菜がたっぷり添えられているおかげか胃もたれもしません。和食でお米も洋食でパスタもあまり気分ではない、食べたい物が決まらないけれどファストフードは気が進まないような時には、このお店に行きたくなります。駅からも近いし、トルコ料理初体験の人にもお勧めしやすいと思います。店員さんが笑顔で優しいのもポイントが高いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。