ドバイのバスタキア地区(アルファヒーディ歴史地区)への行き方は?何が見れる?

ドバイのバスタキア地区はアルファヒーディ歴史地区とも呼ばれています。ツアーで立ち寄れる時間は少しだけ、時間をかけて見てみると昔のドバイの人々の暮らしが見えてきます。バスタキア地区への行き方は簡単!メトロの駅からでも歩いて行けます!
ドバイが始まったのはクリークと呼ばれる運河の周辺、そこにはドバイの昔の暮らしを残した地区があります。
日本とは気候も、文化の成り立ちも全く違うアラブ!アラブらしい雰囲気を味わうにはオールドドバイを是非見てほしいです。

ドバイのバスタキア地区への行き方

ドバイのバスタキア地区(アルファヒーディ歴史地区)は、オールドドバイと呼ばれるエリアの運河(クリーク)のバルドバイ側、ドバイ博物館の近くにあります。

メトロで行くなら、グリーンラインのアルファヒーディ駅で下車して、ドバイ博物館方面に歩いてください。

駅から徒歩5分強で到着します。夏はかなり暑いので、歩くことは控えた方がいいかもしれません。

バスタキア歴史地区の地図

この地区は細かい路地が張り巡らされています。
次には大まかな地図を示していますが、内部の詳細地図(この地図の次にでてくる現地の見取り図)は、「マップの場所」と記した場所にあります。

バスタキア歴史地区にはどんなものがある?

地図の内容は色別で示しています。

  • オレンジ:アルファヒディ近隣の施設
  • グリーン:エミラテ(ドバイのUAE人)の歴史的遺産や展示物
  • ブラック:プロのアーティストの芸術展示
  • ブルー:小売店舗
  • レッド:レストランやコーヒーショップ
  • ピンク:ホテル

室内は冷房が効いているところもあります。
ですが、路地のような細い道は外でそのまま外気の影響を受けますので、夏の暑い時期などは気をつけて移動してください。

入口の展示

入口にはラクダがいたり、ファルコン(ハヤブサ)や鷹匠が昔の暮らしをデモンストレーションしています。

フィラテリーハウス(郵便の博物館)

郵便の博物館も中を見学できます。

バスタキアナイツ

レストランで食事もできます。

コーヒーミュージアム

コーヒーミュージアムでは美味しいコーヒーを頂くことができます。

広場やサンゴの壁など

バスタキア地区には路地がたくさん

観光客が入れる印!

金曜日以外は入口に書かれている時間は中に入れます。

アラビアンティーハウス

ラクダ肉の料理も食べれますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です