仁川の乗り継ぎの時間つぶしはコレ!1時間からOKの無料観光ツアーの参加方法!

 

マレーシアのコタキナバルに行く際に、経由地で立ち寄った仁川空港。乗り継ぎ時間は約6時間どう過ごすか、調べているうちに見つけたのが、仁川空港の無料観光ツアー!
ツアーは1時間から5時間まであります。

前もってのWebの情報よりも、実際の体験談の方がお役に立つはずなので「こうしました!」をお伝えします。

参加できるツアーの種類は?

ツアーは数種類あります。
ツアーの長さや出発時間は決まっているので、自分の空き時間に合わせてツアーを選ぶのがいいですね。

1時間のツアー

海岸ツアー

ー乙旺里海岸またはマシラン海岸

2時間のツアー

海岸ショッピング

ーリニアモーターカー, ロッテマート
ー乙旺里海岸, ロッテマート

エンターテインメント

ーパラダイスシティアートエンターテインメント

仁川シティ

ー松島韓屋村 & セントラルパーク & トリプルストリート

4時間のツアー

特別ツアー

ー光明洞窟

寺院

ー伝燈寺(チョンドゥンサ)、徳津鎮(トッチンジン)
ー清渓川(チョンゲチョン)、曹渓寺(チョゲサ)

5時間のツアー

ショッピング

ー明洞、南大門市場

伝 統

ー景福宮 , 仁寺洞

ツアー出発場所などの注意点

仁川空港には第一ターミナルと第二ターミナルがあり、出発時間などはそれぞれ違います。

自分の乗り継ぎの時間によっても参加できるツアーの種類には違いがあります。(詳しくは仁川空港のホームページで確かめてくださいね)

それぞれのツアーの申し込みはホームページからもできますが、定員もあり実際に現地で申し込むのが一番確かなんです。

実際に申し込みができるのは?

実際に申し込むためには、韓国国内への入国審査を終え、国内に入った後のカウンター内で手続きします。
仁川国際航空の入国審査手続き(Immigration)の右手に案内カウンターがあるのですが、そこでは問い合わせが出来るだけ、入国審査のためには手続き書類が必要ですが、その書き方を教えてくれます。日本語もできるスタッフがいるので、問い合わせてみてください。

入国カードの韓国の連絡先のところに乗り継ぎツアー(Transit Tour)と書けばOK。

この入国カードとパスポートと共に、韓国の入国審査を受けてください。

入国審査(Immigration)のカウンターを通り抜けると、乗り継ぎツアーのツアーデスクがあります。

ここで、どのツアーに、何人で参加するかを伝えて申し込みます。
その際には乗り継ぎするフライトのボーディングパスなども提示します。
十分な時間が取れないと受付はしてもらえないようです。

OKの場合はこのバッジを渡され、集合時間を伝えられます。
お昼ご飯を食べていなかった私たちは、少し時間があったので、近くで食事をすることにしました。

食事の様子はこちら!

参加したツアーはこんな感じです

私と妹夫婦は15:00スタート、2時間の仁川シティツアーに参加「松島韓屋村 & セントラルパーク」に行くことにしました。何時間の空きがあるか、何時に着くフライとかによって、参加できるツアーが違うのです。
6時間も空きがあるので、3時間くらいのツアーには参加できるのかな?と思っていましたが、終わってから搭乗するまでの時間も十分なくてはダメらしいです。申し込みを完了した順番に案内されるとのこと、事前のWeb上の申し込みはあまり関係ないようでした。

待ち合わせして目的地へ

15時スタートのツアーで、10分前には待ち合わせ。待ち合わせ場所は申し込みカウンターでした。先にもらったバッチをつけて、集合場所に向かいました。そこで名前を確認されて、列に並びバスの停まっている場所へ。
英語でのツアーなので、色んな国の方が集まっていました。ちょうど日本のゴールデンウィークが始まる直前だったので、日本人も何人か参加していました。何分か歩くとバス停があり、そこからバスに乗車しました。

こんなアウトレットモールを散策

30分ほど車で走ったところにあるのが、「トリプルストリート」。仁川(インチョン)南部の松島(ソンド)国際都市にある大型グルメ・ショッピングモールです。ここは2017年にできたアウトレットモールのようなところ。
有名なブランドがいくつも入っているある程度広さがあります。でも、滞在できる時間は30分ほど、見るお店は結構たくさんありましたが、時間はそれほどなく大急ぎで見ることに!

無料のツアーではある程度ざっと紹介してまた来てね!になるのかな?この日は雨でとっても寒かったので、お店の中にいることが多かったです。店員さんは買わなくてもとっても親切でした。

ホットクなども売っていましたよ!

立ち寄ったもう一箇所はここ!

松島韓屋村とセントラルパークは立ち寄っただけでした。あいにくの天気だったのですが、お天気がよければ、写真を撮ったりして、もう少し時間があると良いと思ったかもしれません。

松島韓屋村

松島韓屋村には古い様式の建物が建っていて、有名なプルコギ(焼肉)のレストランが入っているそうです。私たちの立ち寄り時間は10分ほどでしたので、もちろん食事をする時間はなかったですね。もう少し時間が取れれば、レストランでプルコギ!と言うのもありでしょうね。

セントラルパーク

セントラルパークは、オフィスビルが立ち並ぶエリアで、「アメリカニューヨークのセントラルパークと同じ名前だけど、全然違う!」とガイドさんが言っていました。休みの日には家族連れで賑わうそうです。

セントラルパークに何分か滞在したあと、バスに戻りそのまま空港へ戻りました。2時間はあっという間でした。

参加した感想は?

経由地である韓国の一部だけでも見ることができる嬉しいツアーです。仁川の街のこと、ソウルは家賃が高すぎるので、仁川に移り住んでソウルまで通っている肩がとても多いので、この何年かの間に非常に発展したそうです。高層マンションがたくさんあり、新しく開発された街!だと感じる場所です。ちょうど東京の成田空港のような存在なのでしょうが、規模の大きさを感じる場所です。

ガイドさんは航空会社をリタイアされた男性でした。日本語はカタコトですが、とても綺麗な英語を話す方でした。説明は全て英語ですが、待ち合わせの場所と時間さえはっきり分かれば、心配なく参加できます。

韓国政府が税金を使ってこのツアーを行なっているそうです。観光客にもまた来たくなるような場所を紹介してもらえる良い機会だと思います。
6時間の待ち時間でも2時間はギリギリでしたので、余裕を持って参加するのがいいでしょう。

仁川空港ではここで食事をしました!

仁川空港内、イミグレーションを過ぎたところの左手方面にある韓国式のカジュアルカフェで食事をしました。麺類やご飯もののセットなど、バリエーションも豊かでした。私たちはメニューから選びましたが、料理を選んで盛り付けてもらうサービスもありました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。