ドバイでレンタカーを借りるのに国際免許は必要?

ドバイは完全なる車社会、メトロやバスという交通手段もあるけれど、基本的には歩く人のための街づくりではなく、車に都合のいい街づくりになっています。

観光客でも、レンタカーを借りればグーンと行動範囲が広がります。左ハンドル右レーンという日本と逆です。
普段から日本でも運転をしている方や、左ハンドル、右レーンでも大丈夫な方は、ぜひ挑戦してみて!

観光客はハワイとは違い日本の免許証だけでは運転はできません、国際免許を持って行くのを忘れないでください。

レンタカー会社の探し方

ドバイには何社かレンタカー会社があります。

ターミナル3 ターミナル1
SIXT 空港ターミナル内と
道路を挟んで向かいのビル
Hertz メトロ駅奥 メトロのターミナルよりずっと奥
Thrifty 道路を挟んで向かいのビル
Europcar メトロ駅奥 空港ターミナル内
Avis 空港ターミナル内 道路を挟んで向かいのビル(出発ロビー側)と(到着ロビー側)
Budget 空港ターミナル内 道路を挟んで向かいのビル
Dollar メトロ駅奥 空港ターミナル内と
道路を挟んで向かいのビル

 

Terminal 3(エミレーツ航空のターミナルです)

ターミナル3

ターミナル1

ターミナル1のレンタカー会社

Easyrentcarsで比較の上で予約はできます。

レンタカーを借りる際に必要なもの

レンタカーを借りるのに必要なのはクレジットカードと、免許証と国際免許。いくらかデポジットが必要なこともあります。

国際免許が必要

ドバイの観光客がレンタカーを借りる場合には、日本の免許証とその翻訳の代わりとなる国際免許が必要です。
ドバイの居住者がレンタカーを借りる場合は、UAEの免許証が必要です。

21歳未満の方は、運転免許を持っていてもレンタカーが借りられないということがありました。保険の金額をアップすればレンタカーを借りることもできるかもしれませんが、確認が必要です。クレジットカードは必ず必要です。

*現金しか使えないような小さなレンタカー屋さんでは、代わりにデポジットが必要だったり、パスポートを預かると言われることもあります。日本では、考えられないことですが「IDとしてパスポートを預かる」と言われることもあります。パスポートは大切に扱ってください。日本のパスポートは私たちが考える以上に重要です。

料金

1日あたりのレンタカーの金額は一番スタンダードな車(日産サニーなど)で、約3000円〜5000円です。日本で借りるよりも割安になっていることが多いです。料金には、通常保険がカバーされています。

クレジットカード

車種を問わず、主になる運転手の名前の有効なクレジットカードが必要です。

借りる際に、おおよその料金と超過金に見積もった金額のクレジットカードの承認を得ることになります。

車を借りるために十分なクレジットカードの使用限度範囲がなければいけません。

マスターカード、アメリカンエクスプレス、ダイナースクラブなどの主要なクレジットカードは使えますが、JCBはダメですね。

デビットカードは使えません。

ナビは必要?

ナビは基本的には必要ないですし、特別につける必要はありませんし、日本のナビほど優秀ではありません。Googleマップを使用したり、英語ができるようでしたら、ドバイのRTAマップを使うと通信サービスのない状態でも使用することができます。

UAEで運転する際はここに注意

左ハンドル右車線であることを除いても、色々と日本での運転とは違うことが多いので、運転する時にはこんなところに注意してください。

ラウンドアバウト

日本ではほとんど見ない、信号機がない交差点です。ドバイの中心部から離れると、非常に多いです。

右折する時には一番目の出口
直進は二番目の出口
左折では三番目の出口で出ることになります。
出ることができなければ、降り出し!ということになりますね。

ラウンドアバウトでは何番目の出口だったかがわかりづらいので、注意してください。

ラウンドアバウトに入る時には、どのレーンに入るかにも注意しましょう。

曲がる時に注意!右に行きたい時は左へ!

 

ドバイの高速道路

ドバイではハイウェイだけでなく、普通の道路でも単純な右折で右へ、左折で左へという訳ではない。

右へ行きたい時には時には、左へ行くことで右に行く車線へ入ることもが多いです。

道路には全て番号が入っていますので、その番号と、どちら方面かをしっかり把握しておいてください。

かなり前から車線変更をする必要があります。

反対に入ると、引き返すまでにとても時間がかかりますので、要注意です!

速度に注意

ドバイでは、みなさんすごくスピードを出しています。

片側5レーン、6レーンあることが普通ですが一番左のレーンは速度の規制もあり、大型車両の優先になっていることも多いので、左から二番目、三番目のレーンを走行するのがいいでしょう。

速度違反は20キロオーバーでアウトです。ドバイより、アブダビの方が厳しいのですが、ドバイもそのうち突然厳しくなる可能性もありますね。

速度もカメラで撮影され、問答無用で違反扱いになります。

言い訳もできませんが、危ない橋は渡らないことが懸命です。

車線変更なども、進路妨害とされてしまうと、言い訳もさせてもらえないままに罰金を支払うはめになります。ご注意を!

駐車違反にも注意!

駐車するスペースも厳格に管理されています。駐車スペースにこのようなパーキングのマークが見えたら、パーキングメーターにお金を入れてください。

ドバイでは罰金が自動的に課されますので、レンタカーでも後からクレジットカードから引き落とされてしまいます。少しだけだからと思わず、駐車料金は払いましょう。

現地ドライバーの乱暴な運転!

現地ドライバーの運転は本当に乱す!スピードを出すだけでなく、ウィンカーを出さずに車線を変更する、曲がるなど当たり前です。曲がりたいところで曲がり、スピード狂が多いのか、すごいスピードで突っ込んできます。

ウィンカーを出さないことが本当にストレスですが、車線変更なども含めて周りの動きには気をつけておけばおオッケーです。

逆にバンプアウトと呼ばれる、スピードを出さないようにするコブのところでは、極端にスピードが落ちます。後ろを走っていて、急にスピードが遅くなったらバンプがあったなども、よくあることです。

返す時に必要なこと

ガソリンは満タンで返す必要はありません。

レンタカーにを借りている間に何かあった場合は、大したことがなくても警察を呼んでください。

後からでは、本当に何もできないことが多いのです。

ちょっとしたことでも警察911を呼ぶことを忘れずに!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。