仁川経由だと航空券は安い!でも予約の前に気をつけるべき事もあるので注意して!

仁川空港経由で海外旅行に行くと、航空券代は安くなったり、フライトの選択肢が多くなったりします。
良いこともあるけれど、注意点もあります。仁川経由で海外に行く時に予約の前の注意点について紹介します。
海外に行く時に、行く場所が決まっている場合で観光地ではない場合、安くて効率的に動けるチケットはなかなか手に入りませんね。
韓国(仁川)空港を乗り継ぎ地の候補にできると、安くなり選択肢が広がりますが、注意点を知らないとトラブルの元になります。
仁川で乗り換えると、航空券が安く買えた!
大阪から仁川経由、アメリカ経由でメキシコのモントレイに4人で行ってきた私の経験を通して、安くて効率的に旅行ができた方法をお伝えします。

自分で航空券を買っても乗り換えはできる?

例えば韓国の航空会社で日本からの予約をした場合は、確実に荷物も運んでもらえるし、遅延などのトラブルの場合にも宿泊や、次のフライトの予約などの処置が取られます。その分値段は一気に跳ね上がることは覚悟です。
私はまず、トラベルコちゃんや外国のCheapflight(英語で検索する)で、
どのエアラインで行くのが安くいけるかを検索しました。
直行便のない関空とメキシコのモントレイだと最低2回は乗り換える必要があります。
トラベルコちゃんで出てくる料金は、格安航空券を販売する会社での料金。
そこで購入すると
  • 払い戻しができない
  • フライトの変更ができない、
  • 座席を前もって確保することができない
  • 食事の好みなどがあっても直接変更ができない
などの制限があります。
若干割高になる可能性は高いですが、、、
エアラインのサイトで直接購入をする方が良い場合が多いです。
ですが、乗り継ぎにかかる時間を十分に確保するためにも、
  • 仁川空港でのターミナルの違い、
  • 通しで航空券を買えるのか、別々に購入する必要があるか?
    *荷物を仁川空港で受け取り、預け直す必要があるかどうかにより、移動手段が違います。
  • LCCの場合は、次のフライトがあるのかどうか?
などを調べてから、予約をしてください。

仁川空港のターミナルは2つ、結構移動に時間がかかります。

エアラインによってターミナルの移動が必要になるので、注意が必要です。
まずはどちらのターミナルに到着するか、出発するターミナルがどちらなのか確認してください。

航空会社によって使用するターミナルが違います!

ターミナル2に到着する航空会社

ターミナル2は基本的には大韓航空のターミナルですが、他10社もターミナルを利用します。
ターミナル2を利用する航空会社 航空会社名
アエロフロート航空 ロシア
ガルーダインドネシア航空 インドネシア
大韓航空 韓国
デルタ航空 米国
中国厦門航空 中国
AEROMEXICO メキシコ
ALITALIA イタリア
エールフランス航空 フランス
チャイナエアライン 台湾
CZECH AIRLINES チェコ
KLMオランダ航空 オランダ

ターミナル1に到着する航空会社

日本の航空会社である
  • Air Japan(ANA系列)
  • Peach
は、ターミナル1に到着します。
また、日本路線がある
  • ティウェイ航空、
  • ジンエア、
  • イースター航空、
  • チェジュ航空、
  • エアソウル
などもターミナル1に到着します。これらのLCCを選択肢として検索してみると良いでしょう。
関空からで比較すると、成田に行くより直接仁川に行くほうが便利で安かったりします。
ただしLCCなどは突然の遅延や欠航などもあるので、覚悟の上ですよね〜。
必ず、その日にその場所に行かなければいけない時には、リスクの少ない方法を選ぶ方が良いと思います。

ターミナル間の移動が必要?

大韓航空で仁川に行って、上記他10社で出発する場合は、ターミナル間の移動はありません。

また、同じターミナル1を利用する会社の場合は、ターミナルの移動は必要ありません。

私たちは仁川までは大韓航空で行きましたので、ターミナル2に到着しました。そして出発はアメリカン航空なので、ターミナル1です。ターミナル間の移動が必要になりました。

通しで航空券を買えるのかどうか?

コードシェアをしている場合などは、通しでチケットを購入することもできます。

全ての旅程を往復ではなく、複数都市旅程の検索機能などを使って調べてみることもできます。

これでチケットを購入した場合は、乗る航空会社が違っても、最初に荷物を預け入れれば、乗り継ぎ場所で受け取る必要はなく、最終目的地で受け取るだけで大丈夫です。

通しでチケットを購入した場合は、航空券代は高くなりますが、どこかで遅れや、トラブルがあっても対応してくれます。

仁川での乗り換えも、預け入れの荷物を仁川空港で受け取らない場合と、受け取る場合によって、ルートが違います。

受け取らない場合は仁川空港乗り継ぎ案内を参考にしてください。

預け入れの荷物を受け取る場合は、韓国への入国や乗り換えるエアラインでの再度の荷物の預け入れ、韓国からの出国が必要になり、書類の記入、選んだエアラインによってターミナル間の移動も必要です。

フライトの時間は航空会社のWebサイトでよく調べて、予約して!

別々に航空券を購入すると、

仁川で乗り換えると、航空券が安く買えます!

エアライン(航空会社)のサイトから予約をするのがおすすめです!

でも、欠航などの他にも遅れるというリスクもあります。通しでチケットを購入していない場合は、次のフライトに遅れても、保証してくれないので、注意が必要です!

予約する前に乗り換え時間には気をつけて!

次のフライト出発の2時間前にはチェックインが済ませられるように十分余裕を持ってください。
私は最低3時間は乗り換えの時間をとるようにしましたが、これでもギリギリでした。
4時間でも5時間でも、意外と時間はあっという間に過ぎるもの、短すぎて大慌てするよりは良いと思います。

LCCは次のフライトがあるかなどもチェックが必要!

LCCは荷物の預け入れが有料になったりして、結局安くならなかったり、フライトの遅延やキャンセルになったりする割合が高いので注意が必要です。また予約した後すぐにキャンセルをしても、手数料はしっかり取られるので、これも注意が必要です。

仁川乗り換えの航空券を自分で購入すると・・・

トラブルなく進めばOK!
不測の事態に遭遇しないように、遭遇しても対処できるように!備えてくださいね。
大阪から仁川経由、アメリカ経由でメキシコのモントレイに4人で行ってきた経験を共有しています!
私たちは、今回は遅れもなく問題なく予定通りに動けましたが、海外旅行は色々な予想外の事態もあります。
お金をかけて安心をとるか、ある程度の不測の事態にも備えて、リスクをとっても安めのチケットを購入するかですが、日本では味わうことのない、ちょっとしたトラブルに出会うことも旅の楽しみと受け取れるなら、ぜひどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です