ドバイのトイレの使い方!シャワーがついているのは?紙は使わないの?

ドバイのトイレに入ると不思議に思うのがシャワーだ!トイレットペーパーの無いところはあっても、シャワーは必ず着いています。最初はなに?と思いますが、これはイスラム教のお祈りと関係しているらしいです。このシャワーを使う人がいるせいで、トイレがビショビショに濡れていることもありますが、お水です。紙が無い!と思った時には、使ってみてもいいかもしれません。

ドバイは安全な街!ドロボウもいないし、しつこい物売りもいません。女子旅にはぴったりの場所です!安全で楽しい場所ですが、文化が違うと習慣が違うので知っておいた方がいいこともあります!ドバイのガイドがドバイへの女子旅を応援します!

ドバイのトイレは新しい!

ドバイのトイレは最新設備の場所と、旧式のものがあります。

私が見た限りでは、ほとんどの場所のトイレは最新式の洋式タイプでTOTOのものも多く、手をかざすだけで流れるタイプです。空港はほとんど全てこのタイプですが、こんな旧式のもあります。

他にも古い博物館や街のお店のトイレなどは、たまに旧式のタイプがあります。ドバイのトイレ事情は先進国なので快適に使えます。手洗いの場所も広く作られていて、石鹸やペーパータオル、風がでるタイプのドライヤーなどが完全に装備されています。

ドバイのトイレはシャワーつき

ドバイのトイレの特徴としては、便器の横にほぼ100%ついているシャワーです。日本人からすると何の目的かよくわからないシャワーですが、お尻を洗うのもあるでしょうが、イスラム教のお祈りの前に手足を洗うというのにも使うようです。

温水シャワー便座に慣れている日本人としては、水しか出ないシャワーよりいいと思うのですが、これを使用する人が結構いるようです。

床や便器がびしょびしょになっていることがよくあります。その掃除をする人が専属でいるほど、、、。床などが濡れている場合は、お掃除の人に拭いてもらってから使用する方がいいでしょう。

ドバイのトイレには紙はある?

ドバイのトイレには、ほとんどトイレットペーパーはありますが、無いところもあります。シャワーはありますが・・・。

紙が日本ほどは安くなく、高いからか、おいていないトイレも結構あります。

日本から行く時には、ポケットティッシュを持っていくことをオススメします。ペーパータオルはあってもトイレットペーパーが無いこともしばしばです。

まとめ

都会やモールなどの近代的な建物の中のトイレは、ほとんど例外なく綺麗で使いやすいですが、日本と同様で、屋外のトイレは場所によって、旧式のトイレもあり、トイレットペーパーの無いところもあります。

観光する時には、ティッシュペーパーなどを備えて行くといいでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です