ドバイのスークで値段交渉!こう言えば値段が下がる!

スークというのはマーケットの事。日本のように定価が決まっているわけではないので、どんとん値段交渉をしてみましょう。思った以上に値段が下がるので、交渉してみるのが楽しいですよ!こんなふうに言えばいい!というセリフもご紹介!

スークでは値段交渉は大いにあり!

大切なのは相手の「言い値で買わない」とおぼえておいて!

一つでも「高すぎる!」と言うと値段は下がっていきます。

まとめ買いなどをする場合は、特に値段を交渉できます。

交渉次第でここではかなり安く買えるので、必ず交渉して!

かなり強引な客引きのいるお店もありますが、買いたいものでなければ「ノー!!」と突っぱねる事も必要です!

”I don’t need it!”で「いらない!」と撃退することも必要です!

男性店員は女性の体には触れませんが、男性は腕などを掴まれることもあります。
そんな時は
“Don’t touch me!”「触るな!」と毅然と言い放ちましょう!

知っている日本語を駆使して、

「オカチマチ」「カワイイネ」「ヤスイネ!」「見るだけ!」などとしつこく言ってきますが、強くはねのけてください。

スークで値段交渉する時のフレーズ

金製品以外のお土産なら、大体向こうが言った値段の10分の1位から始めてみてください。
”100AED”だと言われたら、”Too much!! Make it 10AED each!”

“No, no, Madam, this is very good quality, I will make it 80AED”「これは品質がいいんだから、、、80ディルハムにしかならない」などと言ってきます。

“Too much!!”「高すぎる!」と言って帰ろうとすると、下がる可能性大です!

他にも、

“If I buy 10, can you make it ○○ディルハム each?” 「10個買ったら、一つ○○ディルハムにしてくれる?」とか、

”If I buy 3, can you make one free?”「3つ買ったら、1つタダでくれる?」

”What is the last price?”「いくらまでなら下げてくれる?」

など、と言って交渉してみてください。

支払いの方法

キャッシュの方が安くなる可能性もあります。

今では大抵のお店で、クレジットカードが使えますが、

キャッシュで買ったら安くしてくれる事もあります。

”I will pay by cash, so,make more discount!”(現金うから、もっと安くして!)

と、聞いてみてもいいでしょう!

スークでは日本人と言わない!

スークでは日本人と言うと「値切らない!」と思うようです。

中国人の観光客が多いので「ニイハオ」と挨拶されることもよくあります。

そんなときは、「ニイハオ」と答えましょう!「ジャパニーズ」と言うと、あまり値切って来ないと思うようで、相手が強引で強気になることもあります。

謙虚な日本人を捨てて「大阪のおばちゃん」になったつもりで強気で値切っちゃってください!

こちらの言い値があまりに低いと相手にしなくなります。根切り交渉の練習のつもりで、頑張ってください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です