UAE(ドバイ)を含むMENA(中東&北アフリカ諸国)のコロナウイルスの感染者数比較

アラビアネットの記事に出ていたMENA(中東&北アフリカ諸国)のコロナウイルスの感染者情報をもとに、面積や人口からの割合も出してみました。

MENA(中東&北アフリカ諸国)のコロナウイルス感染者数(3/26現在)

MENA(中東&北アフリカ諸国)ではイランのコロナウイルス感染者が非常に多いです。
中東北アフリカの15カ国中で、イランの感染者がダントツに多いのがよく分かるグラフ

アラビアネットの数字より

順位 感染者数 死亡者数 回復者数
1 オマーン 99 0 17
2 チュニジア 114 4 1
3 ヨルダン 154 0 1
4 モロッコ 170 5 6
5 クウェート 191 0 39
6 アラブ首長国連邦 248 2 45
7 アルジェリア 264 19 65
8 イラク 264 19 65
9 レバノン 318 4 8
10 バーレーン 392 3 177
11 エジプト 402 20 80
12 カタール 526 0 4
13 サウジアラビア 767 1 28
14 イスラエル 2030 5 58
15 イラン 24811 1934 8913

この情報を見ていて、対人口や面積に対しての感染者数が気になり、別角度で調べてみました。

対人口と対面積での感染者数

バーレーンが大きな国ではない分、感染者が非常に多い計算になります。

対人口で考えても、カタールやバーレーンは深刻ですね。
外国からの流入を止めているはずですので、これから先の感染拡大がない事を祈ります。

バーレーンは感染者数も多いですが、回復した人の数も多く、事態は早めに収束していく可能性が高いですね。

 

感染者数の順位 MENA国名 感染者数
@人口1万人
順位 感染者数
@1 km²
順位
11 エジプト 0.040 1 0.040 5
4 モロッコ 0.051 2 0.038 4
7 アルジェリア 0.065 3 0.011 1
日本 0.094 3.5 0.316 9.5
8 イラク 0.096 4 0.072 7
2 チュニジア 0.107 5 0.070 6
3 ヨルダン 0.159 6 0.167 8
13 サウジアラビア 0.227 7 0.036 3
6 アラブ首長国連邦 0.271 8 0.297 9
1 オマーン 0.383 9 0.032 2
9 レバノン 0.464 10 3.058 12
5 クウェート 0.588 11 1.072 10
14 イスラエル 2.307 12 9.197 14
12 カタール 2.440 13 4.603 13
15 イラン 3.137 14 1.505 11
10 バーレーン 3.174 15 51.715 15

まとめ

刻々とコロナウイルスの感染者数は変化していますが、これから早く感染者が回復していくことを祈ります。

UAE(ドバイ)を中心に動きを見ていますが、外出禁止令を出したり、公共で集まる場所を閉鎖したり、立ち入り禁止にしたり、日本と比べて非常に対応のスピードが早いです。
それでも感染は広がっていますので、日本もできるだけ早い封じ込めをすることが必要でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です