「コロナ」という名の少年と心あたたまる交流をしたトム・ハンクスさんの神対応とは?

トム・ハンクスさんの名前を最近目にすることが多い!有名なアメリカの俳優さんですが、最近、ご夫婦でコロナウイルスに感染され、オーストラリアで療養し、その体験をテレビで語ったりもしています。

コロナウイルスに感染したとの報道でもよく名前が出ていた俳優トム・ハンクスさんご夫妻ですが、今回またニュースで名前を目にしますね。
コロナウイルスにご夫妻で感染し、回復した以外に何があったのでしょうか?

心あたたまる話

「コロナウイルス」や「新型コロナ」などと言う名前で一般的に呼ばれているが、「コロナ」という名前を持つ少年が名前のせいで学校でいじめられたというオーストラリアの少年と、心あたたまるやり取りをしている事も話題になっています。
そのエピソードからも、本当に素敵な人なんだと思えたので、ファンとして嬉しくなりました。

トム・ハンクスさんはオーストラリアでの映画撮影のための滞在中にコロナウイルスの感染が分かり、療養を続けていました。
同時に感染が確認された奥さんのリタ・ウィルソンさんの方が症状が重かったそうですが、回復するまでの一定期間をゴールドコーストで療養生活を続けていたそうです。

アメリカに戻った後、トム・ハンクスさんは、8歳のコロナ・デ・フリース君から手紙をうけとったのだそうです。

「あなたと奥さんがコロナウイルスにかかったと聞きましたが、大丈夫ですか?」という内容でした。

そこにはこのような事も書いてありました。
「僕は、自分の名前がとっても好きなのに、学校では『コロナウイルス』と呼ばれるのです。

僕はそう呼ばれるのが悲しいし、とても悔しいです」

そこでトム・ハンクスさんはこのように返事を出したのです。

「親愛なる僕の友だちのコロナくんへ、君の手紙は僕と僕の妻をとても励ましてくれました。いい友だちになってくれてありがとう!落ち込んでいる時に、元気づけてくれるが本当の友だちだよ!」

「コロナという名前を持っているのは、僕が知っている中では君だけなんだ!太陽をとりまく輪である王冠がコロナだよね!君はそんな存在だよ!」

そう返事を書いたトム・ハンクスさんは、自身が隔離生活を送っていた時に使っていたコロナ社のタイプライターを、コロナ・デ・フリース君にプレゼントしたそうです。

オーストラリアに持っていったタイプライターをオーストラリア人の少年にプレゼントして、
「これを使いかたを大人に教わって、返事を書いてください」と言ったそうですね。

どんなタイプライター?

そのタイプライターがトム・ハンクスさんの物であるのがわかる、
インスタグラムの投稿がありました!

今では、使ったことがない人も多いのかも?と思うようなタイプライターです。

8歳の男の子には難しいのかもしれませんね。

投稿の中には、
「やあ、みんな!グッドニュースだ!コロナウイルスの感染がわかったあとの1週間の自主的な隔離生活だけど、今は容態は安定している。熱はない、だけど退屈だ!
洗濯物をたたんだり、洗い物をするだけで、ソファーで昼寝をしてしまう。悪いニュースもある!僕の奥さんのリタ・ウィルソンがジン・ラミー(ボードゲーム)で6連勝中、201ポイントも差がついている!でもベジマイト(オーストラリア人が好きなパンに塗る塩味のスプレッド)を厚く塗らない方法がようやくわかった。今回以前良く使っていたタイプライターをここへ持ってきていた!一緒に頑張ろう!感染拡大を止めよう!」と書いています。(翻訳はMasamiです!)


と今回持ってきたタイプライターがコロナ社のものであることを見せていました。

このタイプライターがコロナ・デ・フリース君のもとに渡ったのですね。

トム・ハンクスさんは今どこにいるの?

オーストラリアで感染をし、療養生活を送ったあと、すでにトム・ハンクス夫妻はアメリカに戻っているとのこと。

オーストラリアのコロナ・デ・フリース君はアメリカに新しい友だちができたと喜んでいるそうです。

BBCの記事より抜粋

コロナ・デ・フリース君がトム・ハンクスさんを知ったのは「トイ・ストーリー」だったのですが、主人公のウッディ役として演じています。

トム・ハンクスさんの出演した映画は「トイ・ストーリー」だけでなくたくさんあります!

彼の出演作の中で私が好きな作品を2つご紹介します。
どちらも、コロナウィルスの問題で環境が変わってしまった今、見て今の生活を楽しむ事につなげられそうな作品をご紹介します!

「キャスト・アウェイ」無人島に流された男性の孤独な生活を描いています。

「ターミナル」自分の国が突然なくなり、アメリカに入国することができず、空港で暮らし始めた男性の物語です。

制限があっても、私達は1人ではなく、社会とつながっています。過酷な状態でも、希望を持ち、暮らしていければきっと未来はやって来るんだ!という勇気が持てる映画です。

まとめ

トム・ハンクスさんは、ご夫妻でコロナウイルスに感染したアメリカの俳優です。50代以降の人には「フォレスト・ガンプ」や「グリーンマイル」など、数々の作品で主演した有名俳優です。その彼は今では「トイ・ストーリー」で主演の声を演じていますので、子供たちの間では声の方が有名なのかもしれません。それにしても、主役を演じるだけでなく、人との対応も一級品ですね。

今では使われる事も少ないタイプライターと有名俳優からの手紙と新しいアメリカの超有名人の「友だち!」、8歳の男の子の人生が変わるような贈物はまさにトム・ハンクスの神対応ですね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。